雅勝 (まさかつ)

千葉県出身。祖父の影響より幼少より民謡に親しむ。津軽三味線を福士豊秋、内田實に師事。10代の頃より作曲を始める。

第6回全国津軽三味線コンクール大阪大会、大賞の部入賞、第10回津軽三味線コンクール東京大会、優秀賞受賞。2011年、日本一決定戦審査員特別賞。 

NHKの邦楽番組出演、CM音楽の演奏やテレビ、ラジオなどメディアへの出演の他、国立劇場での公演や、皇室御前演奏、世界各国の国交のイベントなどにも多数出演。 

アメリカ、スペイン、オランダ、中国、台湾、マレーシア、ロシア、モンゴル、マラウィ、ケニア、タイなど海外公演も活発に行い、台湾では初となる津軽三味線教室も開講し民謡、三味線音楽の普及に務める。

2016年7月、竜馬四重奏として「Neo Zipang」でポニーキャニオンよりメジャーデビュー。

民謡の伴奏としての三味線を演奏する他、ロック、クラシック、ジャズ、ポップス、ラテン音楽など古典にとどまらずセッションプレイヤーとして他ジャンルとボーダーレスな活動を展開。

HALE to KE、Snazzy dogs、などのユニットやグループに参加する他、自身がリーダーを務めるプロジェクト「東京最前線」では、作曲、アレンジ、プロデュースなども手掛けている。


--------------------------------------------------------------------
主な出演、メディア関連

TV:2005年、NHK日本民謡ヤングフェスティバルに出演。
   2007年、NHK第一放送、土曜ジャーナル出演。
   2009年、NHK日本民謡フェスティバル出演。

CM:永谷園「あさげ」「お茶漬け」のCMにて三味線演奏。

2016年 NHK Eテレ「にっぽんの芸能」、NHK-FM「邦楽ジョッキー」出演。

主な公演
2009年、台湾、台北国立音楽ホールに招聘され公演。
2010年、国立劇場公演「天・地・仁」に出演。
2013年、国際交流基金、アフリカツアー(マラウィ、ケニア)4カ所を回る公演。
2014年3月、竜馬四重奏としてスペインとの国交400周年を記念としたコンサートツアー(マドリード、サンタンデール、ビルバオ)3都市を回る公演。
2014年、12月、ロシアのモスクワ音楽院にて、ソリストとしては初の津軽三味線の単独公演「津軽の鼓動」。

2014年、BS朝日「悠久の旅、とっておきの京都」メインテーマ曲演奏。
 
2016年、BS日テレ「片岡愛之助の解明!歴史捜査」エンディングテーマ作曲、演奏